未分類

不幸にならない人の特徴

投稿日:

さて、今日は「不幸にならない人の特徴」というテーマで書いてみたいと思います。

世の中、なぜか不幸な出来事に見舞われがちな人と、そうでない人っていますよね。

不幸な出来事に見舞われがちな人というのは、ある特徴があるんです。

だいたいこの世界というのは、自分に降りかかる出来事には必ず相応の「因果」があります。それで、いわゆるカルマの返済的な出来事が起きるわけです。

霊的な出来事に敏感な人というのは、起きる出来事に偶然がないことを知っています。何か不吉な予兆を察知した時点で、自ら反省したり、本質的な原因を探ったりします。

大きな不幸の前には、必ず前兆がいくつもあります。それを無視して突っ走ると、いずれ大きな不幸にぶち当たります。

霊的なことを信じない人というのは大抵、「サイン」とか「暗示」とか「警告」といった捉え方をしません。「たまたま」で片付けてしまいます。なので、不幸な出来事に見舞われやすくなってしまうんです。

一言で言うと、「霊的なことを信じる人は、前兆の時点で回避しやすい」とも言えるでしょう。

霊的な警告を受け入れない人と言うのは、不幸な出来事に直面しやすくなります。どんどん、警告というのは大きくなるからです。人には寿命があるので、人が死ぬこと自体は別に不幸な出来事ではないでしょう。しかし、本来不要な事件や事故に見舞われてしまうというのは、それまでの警告を無視してきた可能性が高いです。

「本質的な問題は何か」ということを、常に探る必要があります。霊的なことを信じない人には、この視点が欠けているのです。「不吉な暗示」という警告も、「非科学的な迷信」で片付けてしまうことでしょう。

今差し迫っている事例でいうと、東京のオリンピックです。これは、相当に危険な事態が迫っていることが容易に想像できます。霊的視点から東京の未来を考えたときに、暗い気持ちになってしまうのは、私だけではないでしょう。

-未分類

Copyright© Fortune-telling salon , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.