人はなぜ不幸になるのか

この世で、人はなぜ不幸になるのでしょうか。

人生に起こりうる不幸とは、どんなものでしょうか。

高価なツボを買わされてしまった、、(あまり聞かないが)
悪い男に捕まってしまった、、
自分の本当に望んでいた選択をしなかった、、
依存症をやめられない、、、
就職先を間違えた、、
進路を間違えた、、

いろいろあると思います。

事件や事故、病気の場合は選択というより運命や寿命、カルマの要素が強いので、選択で回避することは難しいかもしれません。
前世からの原因も関係してくるので、それは本当の意味では、不幸ではないのかもしれません。
(事件や事故の場合ですら、その根本理由は自分の選択にあるわけですが)

ここで言う不幸とは、本当なら避けることができたのに、避けられなかった不幸についてです。

多くの場合、「選択」を間違えた場合に人は不幸になります。

・正しい選択をしなかった
・調子に乗って、あるいは勘違いで間違った選択をしてしまった
・身の程をわきまえなかった
・進むべき方向を間違えた
・理想を追い求めすぎた

あるいは、悪気はなかったのに、間違った選択をしてしまった
カルマの解消のため、など理由は複雑に絡み合っているわけですが

大抵不幸の原因は「選択ミス」であり、
なぜ「選択ミス」をしてしまうかというとそこに欲望とカルマが絡んでくるわけです。

身の程を知り、自分には一体何が最適なのか知ることにより、人は幸せになることができます。
そうは言っても、実際のところ選んでみるまで、どんな結末が待ち受けているのかはわかりません。これは、占いで、ある程度先を知ることが可能です。

それから、自ら作り出す「不幸」というのもあります。
自分はこうだから不幸、と決めつけて自ら不幸になっている、、そういうのもある意味では不幸です。

▪️「欲望」「怠惰」が不幸を生み出す

人間の不幸と大きく関わるものとして「欲望」「怠惰」があります。これらは一見相反するように見えるかもしれません。欲望がなければ、努力もないし、欲を捨てて世捨て人のような生活は、怠惰とも言える。どちらが過ぎても、幸せにはなれません。足るを知ると言うのと、怠惰は違います。人間の人生とは欲望と怠惰(無気力)、ちょうどいい位置に自らを固定する修行なのかもしれません。

多くの場合、人生の破滅の原因は「欲望」にあります。一度破滅したら、再起するのは簡単ではありません。欲にまみれた人間に対して、天は容赦しません。足るを知るまで。厳しい仕打ちが待ち受けているかもしれません。

この世での幸せとは、不幸を回避することであるとも言えそうですが、影があるから光があるのです。色々な人生を知ることで、欲望も怠惰も、うまくコントロール出来るようになり、この世での「幸せ」を得られるのかもしれません。

更新日:

Copyright© Fortune-telling salon , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.